06f38ebf
一般社団法人byGAKUは、自閉症アーティストで活躍するGAKUを育てた絵の先生、ココさんによる無償の「出張アート教室」を3箇所で開催します。2022年1月から2月にかけての単発授業で、川崎市内の福祉施設を対象に募集します。

「出張アート教室」は、2021年8月に実施したクラウドファンディング(以下、クラファン)byGAKUプロジェクトのプレゼント企画です。スポンサーである方から3教室分の出張アート教室を寄付して頂きました。よって参加希望の教室を募集します。

宮前平にあるアイムの放課後デイに通っていたGAKUは、自分が感じていることを言葉ではうまく表現できずにいましたが、「絵」という言葉を手に入れたことで、年間200枚以上のペースで作品を産み出すまでになりました。

現在GAKUはピカソの生活介護でアート活動を続けています。スタッフであるココ先生は、福祉とアートの魅力についてこう考えています。「アートは全世界共通語のように、障害がある人ない人に関係なく、それぞれが自分の心で受け止めて感じることができる。またアートから思いを発信することもできる。そのきっかけづくりのお手伝いができたらいい」

ココ先生は、実家が銀座の画廊で、小さいころから絵が好きで、たくさんの絵を見てきました。後にファッションの世界に入り、パリコレに参加するアパレルのデザイナーとして活躍しました。一方で、障害をもつ弟がいたことから、福祉の分野でも何か役に立ちたいと思っていました。放課後等デイサービスの㈱アイムに入社し、4年前にGAKUに出会い、GAKUが絵を描くきっかけとなり、二人三脚でスタート時から歩んできました。
18d585c5

今回の出張アート教室は、教室内のお子様の新たな一面を発掘できるいい機会になることと思います。ぜひご活用ください!

<対象>
●ホームページやネットに写真・動画が掲載されても大丈夫な福祉施設(三ヶ所)
●東急田園都市線高津駅からグーグルマップで車40分以内の川崎市内の福祉施設
●放課後等デイサービス、児童発達支援、生活介護、就労支援B型、療育センターなどの福祉施設や、子ども食堂などの慈善団体
●参加するのにお金はかかりません。
※応募者多数の場合は抽選となります

<内容>
●ココ先生によるアート教室(時間と人数はご相談の上、対応させていただきます)
●画材はbyGAKUで用意します
●GAKUの原画のプレゼント(最大1メートルの幅の絵を飾っていただける施設)
●グッズのプレゼント
●要望があれば代表の佐藤典雅がスタッフ・保護者向けに講演をします。
●合計1時間が目安になります

<募集期間> 2021年12月1日から12月20日まで
<実施期間> 2022年1月から2月にかけて平日開催(日程は要相談)

問い合わせはこちらから: